日本のタイマッサージスクール

タイマッサージスクールガイドで説明されているように、タイには手軽な料金でマッサージを習えるスクールが多数あります。日本のタイマッサージスクールはすべて、これらのタイの学校で習った人が先生をしています。日本○○タイマッサージ協会とか、○○ヌアボーラン協会という名前を掲げて比較的規模の大きなスクールを経営している会社もありますが、「協会」といっても営利目的の会社の人が自らの権威付けのために設立したものです。協会は誰でも簡単に設立できますので、タイマッサージに関しても無秩序に乱立しており、どの協会が中心ということもありません。タイマッサージはどこの学校卒業ということより、本人の向上心やセンスが重要です。就職の際にも協会名や修了証はあまり関係がなく、いいマッサージができるかどうか、それだけをチェックされるはずです。立派な名称がついていても、結局、ワットポーやオールドメディソンのようなタイの学校の手技をほぼそのままの形で教えているだけなので、日本の学校がタイの母校を超えることはありません(超えたとしたらそれはタイマッサージではなく日本のマッサージになってしまう)。
では、日本にあるタイマッサージの学校はレベルが低いかと言うと、そんなことは全くありません。日本の按摩マッサージや鍼灸の知識を取り入れたり、臨床経験や研究を重ねることで本国タイよりもレベルは高いかもしれません。日本人の方が勤勉で勉強熱心ということもありますが、そもそもタイマッサージを海外まで習いに行く熱意を持った人が取り組んでいるのがその理由だと思います。相手を思いやる優しい気持ちを持った人が日本人に多いということも言えるでしょう。
特定の学校についての悪い評判は時々耳にしますが真面目に取り組んでいる学校がほとんです。

学校選びの基準

では、日本でタイマッサージを学ぶ場合、何を基準に学校を選択すればいいのでしょうか。
「しっかりした技術が習得できる」「評判がいい」「資格として通用する」というようなことが基準になると思いますが、そういったことについては実はどの学校も大差ありません。「タイ本国の有名校の修了証を発行」ということを売りにしているスクールもありますが、日本で資格と言えば国家資格の按摩マッサージだけ。それ以外は、カイロや整体も含め、個人または特定の組織・団体が発行している民間資格です。つまり、按摩マッサージ以外の資格は、ライセンスとしては何の意味も持ちません(リラクゼーション目的の場合、営業にライセンスは不要)。
技術的には、日本の学校はタイの母校の手技をそのままの形で教えています。日本人の知見で変更してしまったらそれはタイマッサージではなくなってしまうからです。
そうなると、結局、マッサージスクールをタイで選択するのと同じ疑問に突き当たります。いったい私は、何スタイルを学べばいいのか?

スタイルの選択肢としては、ワットポースタイル、チェンマイスタイル、そして少数派のその他のスタイルがあります。どれがいいかということになると、どれもいいとしか言えません。しかし、この選択が実は費用やカリキュラムに大きく関係しています。簡単に言うと、例えばワットポースタイルは30時間で習得できるのに対し、チェンマイスタイルは習得に60時間かかります。

チェンマイスタイルは、古き良きタイマッサージで、同じ手技を姿勢を変えて繰り返し行ったり、足で踏んで手で引っ張るようなストレッチ技を多く含むのが特徴です。手技の数が多く、フルに行うと2時間30分〜3時間かかります。それに対し、ワットポースタイルは、現代的に洗練されていて、繰り返しはほとんどなく指圧を中心に合理的かつ密度高く施術が進んでいきます。フルに行っても2時間を越えることはないでしょう。どちらのスタイルも施術者が違えば受けた感想は劇的に変わるので一概には言えないのですが、施術後の感想を一言で表現するなら、ワットポースタイルは「効いた〜」、チェンマイスタイルは「リラックスできた〜」という感じです。

当スクールが選んだのはピシットスタイル・タイマッサージ。スクール設立に当たり、ワットポースタイル、チェンマイスタイルを習得した上で、タイやアジアの各地を回り、タイ厚生省伝統医療開発局にも相談して研究を重ねた結果、ピシットスタイルこそ最高のタイマッサージであるという確信を得たからです。ピシットスタイルを習えるスクールは日本では極僅かですので、ピシットスタイルができることはセラピストとして他の人とは異なる特徴、強みになるはずです。
ピシットスタイル(≒タイ厚生省スタイル)は、ワットポーとチェンマイスタイル両方の良さを併せ持っています。息を吸いながら指を歩かせ(チェンマイスタイル)、息を吐きながら両指を重ねて押し込む(ワットポースタイル)のです。呼吸のリズムに合わせた見事な押し方と言えるでしょう。ストレッチ技も多種あります。ワットポーやチェンマイのストレッチと同じものもありますが、脚腰を、強度を強めながら丹念に伸ばしていくのが特徴です。当スクールでは所要時間約2時間30分のピシットスタイル・ベーシックマッサージ&ストレッチをバンコクのピシット・タイマッサージ・トレーニングスクールで学ぶのと全く同様に、すべて学ぶことができます。

ピシット タイマッサージ スクール Japan

スケジュールと費用についてですが、基本的にどのスクールもプロ養成を目的にしているため、趣味で習うには費用が高すぎ、仕事をしながら習うにはスケジュールが固定的すぎる(平日昼間5日間コースや毎週水曜日コース等々)のが現状です。ちょっと習ってみたい、空いた時間にマイペースで習いたいという要望に応えられる学校はほとんどないのです。
そういう状況の中で、よりたくさんの人にタイマッサージの素晴らしさを知ってほしい、そして日常の中でタイマッサージを行うことを楽しんでほしい、という願いを込めて、ピシット タイマッサージ スクール Japanは設立されました。価格を非常に低く抑え、好きな時間にマイペースで通えるシステムにしています。そして、ピシット タイマッサージ スクール Japanが選んだスタイルはタイ厚生省スタイルの元になったピシットスタイル・タイマッサージ。初めてタイマッサージに触れるお客様が多数いらっしゃることを考え、最高のタイマッサージを提供しようと考えた結果です。タイ厚生省伝統医療開発局のビチャイ局長から、タイマッサージの第一人者として紹介されたのがピシット・ベンジャモンコワリー氏。ピシット氏のもとを何度も訪れ、日本でタイマッサージをプロではない一般の人に楽しんでもらいたいということを伝えました。熱意は伝わるもので、ピシット先生は日本にピシットスタイルのスクールを設立することを認めてくださいました。そして、日本人向けのテキストの作成にも協力してくださり、ピシット タイマッサージ スクール Japanのコンセプトは祐天寺のタイマッサージスクールとして実現したのです。