フォトギャラリー「レッスン風景」 - 最新エントリー

ワンディ先生特別講習会(2011/4/4-4/8)

カテゴリ : 
ワンディ先生
執筆 : 
camel 2011-4-25 15:19


2011年4月4日から4月8日の一週間、ワンディ先生特別講習会が開催されました。チェンマイでも大人気のワンディ先生のレッスンは東京でも全く変わらず、常に笑いの絶えない、楽しい講習会となりました。
少人数でのレッスンだったため、参加者全員がワンディ先生に直接施術してもらうことができ、痛さに悶絶する受講生の方もいらっしゃいましたが(笑)、皆さん大満足。毎回、30分以上の延長で一つ一つの質問にも丁寧にお答え下さいました。



レッスンの前後には観光にも行きました! 羽田に到着した日が5分咲き、羽田からお帰りになる日が満開で、まるで先生の来日を歓迎するような桜の咲きっぷりでした。鎌倉の建長寺、目黒川、そして上野公園という桜の名所を巡り、先生も大満足! 「またね〜」と日本語で手を振りながら元気にタイにお帰りになりました☆



参加者の感想

ワンディ先生の講習会、ホント楽しかったです。技術はさっそく、自分のオイルマッサージのスタイルに一部をとりいれてます。ワンディ先生の手の感触、とても良かった。幸せな気分になりました。また、機会ありましたら参加させていただきます。ありがとうございました。(Sさん、女性)

先日はありがとうございました。ワンディの底抜けに明るいキャラクターもさることながら、レッスンが終了した後の自分の体の軽さに驚きました!痛みの元となる部分を徹底的に刺激する技は、今まで勉強してきたものと違っていて新鮮でした。そしてセラピスト本人が楽しみながら施術をするという基本を身を持って体感できたことは私にとって大きな収穫になりました。いつかワンディのスクールにも行ってみたいです。(Fさん、女性)

とても楽しかった…が最初に思う事で、レッスンなのでそれではいけないのでしょうが、先生のお人柄なのでしょうか。オイルマッサージを学ぶのは初めての私には、あれだけの量を学ぶには、3時間では大変だったかなと思います。みて、ふれて、メモして、実技と、頭はフル回転でした。思っていたより指や手の圧が必要で、場所や動かし方がわからないと目の前でやってくれて、手をとって一緒に教えて頂けたので、よく理解する事ができました。ただ、姿勢や呼吸がタイマッサージのようには出来ず、腰や背中が痛くなったりしました。(オイルマッサージもタイマッサージと同じですか?)あとは、私が、タイマッサージと英語をもっと勉強してからもっと、きちんと学びたいと思いました。次回も是非、参加させて頂きたいと思います。(Mさん、女性)

タイに行って学んでいるかのような、貴重な時間を過ごすことができました(^^)ワンディ先生の足指力と器用さに驚きました。あれがあってこそのLazyマッサージだなと... 私自身まだクライエントさんをこなした経験が少ないので、基礎の手技のみでお腹いっぱいですが、身体の大きい方、小さい方等たくさんの方に施術する中で、今日教えて頂いた手技が必要になってくるように思います。次もし開催されたら、ベーシックな内容や箇所別ケアのものに参加してみたいです。人懐っこい先生の人柄が終始感じられましたし、時折みせてくださるプロの目を拝見できたのが嬉しかったです!あの切り替え、かっこいいですよね♪ 会場のスタジオも素敵でした。(Kさん、女性)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3399)


ピシット先生の特別講習会が大盛況のうちに終了いたしました。今回は、一週間にわたり、10ライン、肩凝り、腰痛、フェイスマッサージ等々、日替わりの内容で、なんと、一週間を通じて、49名の方にご参加いただきました。
参加された方の中には、神戸、大阪、静岡、富山、福井、長野といった遠方から駆けつけてくれた方も多く、ピシット先生の人気に驚くと共に、皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

また、チェンマイや東京でタイマッサージをリードしている高名な先生方にもご参加いただき、マッサージの先生の交流会の様でもありました。

次回は、2011年5月頃を予定していますので、今回参加できなかった方もぜひご参加下さい!





参加者の感想

前回のソムチャイ先生の講習では、センの指圧だけで充分なように感じられて、自分の施術の組み立てをセン主体に変更したのですが、今回の特別講習では、ストレッチの効果を目の当たりにし、ストレッチも必要であると考え直し、今後のレベルアップの方向性が明確になってきました。(Mさん、男性)

3講座を受けとても勉強になりました。施術に取り入れたいと思います。時間が少しルーズだったり、先生の速さについていけない所もタイっぽくてよかったです。年末年始ハードスケジュールなんですが頑張れそうです。ありがとうございました。(Sさん、女性)

参加してよかったです。実際の治療も見れたり参考になりました。ありがとうございました。(Eさん、女性)

ピシット先生のお人柄にまず惚れました。和やかな雰囲気で、とてもリラックスして習え、楽しかったです。ただ、もう少し直接、色々習ってみたいなあと。バンコクに行きたいと本気で考えちゃいました。(Nさん、女性)

すごくアットホームな雰囲気で良かったです。(Oさん、女性)

ピシット先生は初めてお会いしましたがとても優しく、お茶目な方でした。もう少し深く習いたくなりました。(Oさん、女性)

ピシット先生の大きな優しさに包まれてのレッスンはとても気持ちが良かったです。体の悪い所のマッサージをしてもられてラッキーでした。先生の指はすごいです。(Hさん、女性)



  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3174)

ソムチャイ道場(2010/11/19-20)

カテゴリ : 
ソムチャイ先生
執筆 : 
camel 2010-11-21 0:00


バンコクのコランセラピストスクールの人気教師、ソムチャイ先生が来日され、コランセラピストスクールのご厚意により、2010年11月19日、20日の二日間、当スクールで特別講習会を開催いたしました。

ソムチャイ先生は長年、日本人を指導してきただけあって、受講生の方がどう修整すべきか、何が難しいかを的確に言葉に直し、とてもわかりやすいレッスンでした。

今回は、基本中の基本である、全身のセンの捉え方。筋肉毎に最適な指、肘の当て方、圧力の角度、腰の上下運動を入れるかどうかを理論的に解説してくれました。今までできたつもりだったことも、正確に理想的に圧をかけるとこんなにも気持ちがいいのかと、皆さん目から鱗が落ちたような顔をしていたのが印象的でした。



「こうやるのがいい」と教えてくれる先生はたくさんいますが、「なぜこうするといいのか」を言葉に直して、理路整然と説明できる先生はそんなにいません。江幡先生が常に、タイ語を日本語に直してくれるので意思疎通もばっちりで、理屈っぽい日本人に人気があるのもわかります。また、そのやり方を一方的に押し付けるのではなく、「まずやってみてください」「受けてみてください」それで、どう感じたか、どっちの方がいいか、自分で考えることをレッスンの中でも実践しているのがソムチャイ先生のレッスンの特徴です。2日間だけで、脚から背中、腕、座位と盛りだくさんの内容で皆さん大満足でした!





参加者の声

ソムチャイ先生に教えて頂いた技は、今までのやり方よりもっと体の奥に届いて気持ちいい!とお客様にも大好評です。
角度や手の動かし方を少し変えるだけでまったく違う効きかたをするのがわかりました。とっても勉強になりました。
勉強中もまるでタイにいるみたいに穏やかな時間が流れていて、ソムチャイ先生がタイの空気を運んできてくれたみたいでした(^-^)
ありがとうございました。(Aさん、女性)

ソムチャイ先生の指導は江幡先生の通訳もあり細かな所もわかりやすかったです。ソムチャイ先生だけでもかなり意志疎通できたこととは思いますが。セン毎の姿勢の違い、パームプレスの際の手の向きが少し違っただけで力の入り方が違うことや、上体の重みを利用した肘の使い方、指のどの部分を使ってセン1を押す、セン2は指の腹を使うなど細かく丁寧なご指導に感銘をうけました。特にセン3の教え方は独特でした。ソムチャイ先生の手は暖かくて何だか安心感があります。指先から何かが伝わってきます。技術もさることながら、そのお人柄による所が大きいような気がします。ユーモアもおありで楽しいひとときでした。また来日される際にこちらに寄ってくださるといいなと思います。参加者の方々のレベルが高くプロならではの質問に感心しました。(Fさん、女性)

最後にタイに行ってから4年以上経つので、ソムチャイ先生とも久しぶりに対面でき、日本で施術を見て受けることができるのはとてもありがたかったです。特に、ゆっくりしたテンポをすっかり忘れており、先生の施術を見て「こんなにゆっくりだったっけ?!」と初心に戻るいい機会になりました。また、最近ストレッチが多めだったり、センへのアプローチもウォークに頼りがちだったのですが、久しぶりにこれぞバンコクスタイルという、しっかりとした指圧を受けて、その気持ちの良さを思い出し、もう一度自分の施術を見つめなおすいいきっかけにもなりました。
以前もソムチャイ先生にセンを教えていただいたことはあるのですが、勘違いして覚えていた部分をしっかり再確認することができたのは、すばらしい機会でした。(kさん、女性)

拇指を重ね押すときに、下の拇指の爪を押すことなどが、初めて教わる内容でした。午前の最後にソムチャイ先生のデモのモデルの機会がありました。ソムチャイ先生の手は大きく暖かくて、優しく包まれるような感触。深く押されているに、全く痛くないという、まさに名人の技で、短い時間なのに、深くリラックスすることができました。タイマッサージを習い始めた当初から、脚のセンの拇指での押圧は、受け手のときは痛いし、与え手側のときは拇指を痛めやすくて、自問自答していた部分です。今回、答えが見出せました。(Mさん、男性)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3006)


2010年3月7日、本年度のピシット先生特別講習会が実施されました!
レッスンはお祈り、ルーシーダットン、そしてタイマッサージの順に進められ、すべての参加者が、先生に手技を確認してもらいました。


当スクールの受講生を対象として行われた特別レッスン、受講生達は大先生を前に当初緊張気味でしたが、先生の気取らないお人柄と優しい笑顔で、笑い声も起きる終始楽しい雰囲気で進められました。

いままで練習してきた施術を先生にチェックしていただき、「オーケー!」「モット!」と先生からの直接のご指導。バンコクから遥か離れた東京でピシットスタイルを熱心に学ぶ生徒達に先生も上機嫌。

ピシット先生は、一人一人に対して直接施術もしてくれました。
先生の施術は強いのに痛くない!先生の愛に溢れたタイマッサージを直接体で感じることができて、参加者は皆、心から感動しました。

レッスン後は、お食事会も開催されました。タイ語、英語を駆使して、先生とタイマッサージの歴史、現状についてお話しました。先生はご高齢にも関わらず元気いっぱいです。今度はバンコクで会いましょう!

Heart Crystalでの講習会後、先生はマッサージを学ぶ視覚障害者のために東京や筑波の盲学校でも講義を行いました(今回はもちろん正規のビザを取得した上での来日です)。ピシット先生はタイで初めて視覚障害者のためにマッサージを教えた先生としても知られています。





参加者の声

昨日は大変有意義な時間を過ごす事ができ、とても楽しかったです。ピシット先生は高齢にも関わらず、ひとりひとりに施術をしてくれたり、丁寧に教えていただいてありがたく思います。この貴重な体験を今後のタイマッサージに活かしていきたいなと思います。(Yさん 女性)

タイ本国さながらにお祈りから始まり参加者全員で準備体操をするうちに気持ちが整えられてゆきました。これだけでもかなりの運動になります。今回はストレッチを中心とした実習でしたがそのあとでピシット先生に自由に質問して答えて頂ける時間を設けてくださったのは特に嬉しかったです。私はゴルフをやるので肩甲骨周りの柔軟性を上げたいと思って質問したところ、ジャツプセンとかいう筋をつまんではじくように離す手技を披露してくださいました。固くなっていた筋肉が一瞬のうちに柔らかくなったようです。タイマッサージはあるレベルまでは誰でもきちんと習えば出来るようになると思いますが高度な施術がタイ本国にはたくさんあるようです。タイマッサージの奥深さとその効果の素晴らしさに改めて思いを深くした一日でした。ここ祐天寺のハートクリスタルでは、ピシット先生の教えるタイマッサージが習えます。少しでも多くの方にその素晴らしさを 知って頂きたいと思います。 (Fさん 女性)

講習会では、腰の痛み、肩・首の痛み解消のためのマッサージ等、 多くの人が抱える悩みに応えるものだったので実践にすぐに活かすことができそうです。 また、今まで学んできたマッサージをピシット先生に直接見て頂き、 アドバイスを頂けたことで、自分の覚えたことに対する確認ができました。 タイマッサージ界で有名なピシット先生にお会いできる機会は滅多にありませんし、 その施術を実際に体感することができた貴重な時間であったと思います。(Nさん 女性)

ピシット先生の講習会で、教えて頂くだけでなく、肩を施術していただきましたが、何年も肩甲骨がゴキゴキしていたのが無くなりました。(10秒位の施術だったのに)・・・びっくり!! すごすぎますねっ。タイマッサージで治療は無理だと思っていたのですが、考えが 変わりました。(Tさん 女性)

先日は実物の師匠からご指導いただきとても感激でした。 ピシット先生のお人柄も魅力に思いました。 もっとコミュニケーションを取りたかったですが、 自身の語学力の乏しさが悔やまれます。(Nさん 女性)

直接ピシット先生にご指導頂きまして、大変貴重な体験ができました。講習会では、膝が痛い場合の施術や、腰まわりのストレッチなど、さまざまな箇所についての施術を教えていただきました。 自分は腕まわりが弱いため、肩・腕に関しての施術を教えていただいたのには嬉しかったです。また、足のマッサージの指導では施術前と後であきらかに動きが違ったのには驚きました。 今回の講習会で教えて頂いた事は忘れずに、今後もさらにマッサージの技術に 磨きをかけていきたいと思います。(Hさん 男性)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2795)