• カテゴリ タイマッサージのお仕事 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

ブログ「タイマッサージの真実」 - タイマッサージのお仕事カテゴリのエントリ

ひょっとして私の感性がおかしいのではないだろうか? ありもしない、架空の理想のタイマッサージを追い求めているだけなのではないだろうか? 他のお客さんは皆気持ちよさそうにしているし、満足げに帰っていく。リピーターの人も多いようだ。そういえば、昔からタイマッサージはこんな感じだったのかもしれない・・・

そう思いかけることもあるが、私の師であるピシット先生のタイマッサージやシンチャイ先生を思い出すと、いや、そうではない、先生がああなのだから、あれが本当のタイマッサージだと思い直すことになる。

タイマッサージではなくフットマッサージをやってもられば当たり外れはほとんどない。習ってみればわかるが、誰がやっても同じ感じになるような技術で構成されている。難しくないのだ。一方、タイマッサージは姿勢やポジション取り、指圧の方法に個人差が出やすいので難しい。

そこで初心に戻り、チャオプラヤ川沿いの、ワットポーの中にある施術所に行ってみた。昔はマッサージを受けるのに入場料を払った記憶はないが、入口に案内されそこで100バーツの観光チケットを買って中に入った。後でわかったのだが、ワットポーマッサージスクール(チトワン通り)から別の寺を抜けてワットポーに入る裏口からだと(関係者用の出入り口?)お金を払わなくても入れる。しかしまあ100バーツなので賽銭だと思って払えばいいかと思う。
ワットポー境内の施術所は今やエアコンが効いた快適な空間である。大繁盛しているのでまだ人が少ない午前中がお勧めだ。午後になると待ち時間が一時間以上になると思う。ここで、とりあえず一時間420バーツのマッサージを受けたのだが、これが感動するくらい大当たりだった。求めているものはここにあった。足先に触れた最初の数タッチで、体の深部へ響いてくるような重量感。打ち寄せる波のような心地いいゆったりとしたリズム。これこそが世界で一番気持ちいいマッサージだ。すぐに施術時間を2時間に変更してもらいタイマッサージを堪能した。そのセラピストはワットポーの標準シーケンスだけでなくエルボーを使った施術やセンを弾く施術など技のバリエーションもあった。隣を見てもそういう技を使っているので、どこで習ったか聞いたら、ここで習っただけだという。今ではワットポーもエルボーテクニックなど色々な教育をしているのだろう。しかしながら、一押し一押しが確実にセンを捉え、思った通りの、期待通りの施術をしてくれるのは素晴らしい。結論としては、タイのお勧めサロンはワットポーの一択である。
余りにも良かったので、翌日また行って、同じセラピストを指名した。だんだん調子に乗ってきて、後半はかなり痛い感じになってしまったが、優秀なセラピストにありがちな現象である。嫌な痛さではなくトリガーポイントをしっかり解す痛さである。痛いのが好きな人にはたまらないが、痛いのが好きでない人は、痛くなくして(タムバオボオ、マイチェップ)と言って暴走を止めるのがいいだろう。自分好みに強さにチューニングしたら、後は至福の時間が待っている。

ただ、ワットポーに行った他の方は「私にとってはいまいちだった」と言っていたので当たりはずれはあるのだろう。ここまで読んでいただいた方には外れの経験をしてほしくないので、私が感動した当たりのセラピストの名前をこっそり教える。そのセラピストの名前はソンポーン(写真の人)、ワットポーを訪れる際は是非指名することをお勧めする

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2111)
一軒家サロンの主であるOさんから出た答えは意外なものだった。

「日本で習いました。」

しかし、更に詳しく聞くと意外でもなかった。

「富ヶ谷にあるスクールにかつてタイ人の先生がいた。その先生に習った。そしてその先生の先生がピシェット先生(ピシットなのだが...)で、私も何度かバンコクに行って直接ピシェット先生(注:ピシット(Pisit)先生のこと、ピシェットと言えば通常チェンマイのピシェット(Pichet)師を指す)に習った。」

なるほど、ならばわかる。やはりピシットスタイルだったわけだ。指の置き方や腕の使い方でいくつか違うところがあったが、それは彼流にアレンジを加えたのだろう。こんな近くにピシット先生の教え子がいるとは思わなかった。まさに灯台下暗しである。

人柄も好感が持てるし、ピシットスタイルを持って、評判のいいタイマッサージサロンを経営しているのは大変喜ばしいことだ。近所だし、ここの先生をお願いしてみようかと考えている
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2930)
足を重ねて押して、逆に重ねて押して・・・

あれっ? これはピシットスタイルでは????

その後、ピシットスタイルだが、若干異なる手技と、ピシット先生が教えない手技が多少入りながら施術は進んでいく。

強めの指圧と指定しただけあり、かなりの強さで腰、背中を押してくれる。
確かに上手だ。手技はピシットスタイルのようでもあるが、少し異なり、そしてチェンマイでよくやる手技がかなり入っている。こういう一連の施術を教えている学校があるのだろうか? 興味を覚えつつも、押されているうちにどうでもよくなってちょっと寝てしまった。

私はとても満足した。

その後、お茶を飲みながら聞いた。どこで習ったのかと

続く
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3056)
なるべく更新と書きながらいつのまにか6月になってしまった。
ひょっとしてブログを楽しみにしてくれている人がいらっしゃるならば、申し訳ない気持ちでいっぱいだ。

そろそろ、再開しようと思うが、今回は近所のタイマッサージサロンのお話。

Heart Crystalはヨガスタジオでもあるので、ヨガインストラクターが5名、ピラティスインストラクターが2名いる。全員うら若き女性である。
そのうちの一人がすぐ近くに住んでいるEさん。Eさんが、下馬のRというサロンに行ったという。そこは一軒家で、男性と女性が二人でやっていて、男性の人にやってもらったのだけどとても気持ちよかったと言う。

私よりも気持ちよかったのか?

ちょっと嫉妬しながらその話を聞いていたのだが、先週土曜夜に時間が空いたので、行ってみることにした。

私は先生などという大そうなことをやっているが、まだまだ勉強中の身、他の方のマッサージを受けることは勉強になる。それは受講いただいている生徒の方も同じで、教えながら実は毎日私が学んでいるというのが真相だ。

どんな施術を見せてくれるのかわくわくしながらそのお店に行った。チラシ配りの時に何度も見ているので場所はよく知っている。

二階の薄暗い部屋に通され、施術が始まった。男性にしてもらうようお願いしたので、Eさんがしてもらったのと同じOセラピストである。

さあ、ファーストタッチ、前情報がない場合、ここからの数分でこの方がどこでタイマッサージを学んだのかを類推できる。

続く
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3048)

大江戸温泉物語

カテゴリ : 
タイマッサージのお仕事
執筆 : 
camel 2009-2-27 20:09
大江戸温泉物語、お台場にある巨大スーパー銭湯である。温泉だけでなく、江戸情緒溢れる各種アミューズメントが用意されていて、とても楽しく、イギリスからのお客さんを連れて行ったら大変喜んでいた。

東京にいる人ならそんなことは説明しないでも知っている。その大江戸温泉物語で最近タイマッサージのサービスが始まった。そこで採用いただいたのが当スクールの40種類のストレッチである。

当スクールに学びに来ていただいた鍼灸のプロの先生がおっしゃっていた。「ここのストレッチと、基本的なヌアボーラン(タイマッサージ)を組み合わせてサービスを始めたが、とても気持ちいいと好評」とのことである。

先日、当スクールの卒業生がプライベートサロンでピシットスタイルタイマッサージサービスを始めることになったが、大江戸温泉物語という私も大好き、東京の人なら知らぬものはいないという立派な施設でピシットスタイルをやってくださると言うのはとても嬉しいことである。

感謝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3234)
サボるにも程があると反省している。「毎日更新ブログ」と書いておきながら、一ヶ月も更新しなかった。読者の方にはごめんなさいと言うしかない。タイマッサージレッスンの予約システムを開発していたのが原因だ。携帯から予約できるようにするためプログラムを書いていたのだが、プログラミングという作業を始めると他のことができなくなる。そんな集中力を要するシステム開発もほぼ終了したのでブログを復活しようと思う。

本日はめでたい日だ。当スクールの受講生がサロンをオープンすることになった。以前ブログで驚異的に上手な生徒さんについて言及したが、その彼女が本日、個人でサロンを(プレ)オープンしたのだ。以前の勤務先を退職して自分でマンションを借りて事業を始める勇気を賞賛すると共に、ぜひ成功してほしいと思う。彼女の腕があれば全く心配ないと思っている。赤坂見附のSLOWというお店である。当スクールのピシットスタイルタイマッサージを体験できる貴重なお店でもあるので是非応援してあげてほしい。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3489)

セラピストと冷え性

カテゴリ : 
タイマッサージのお仕事
執筆 : 
camel 2008-11-4 19:40
タイマッサージのセラピストには冷え性の人が多い。タイマッサージは体にいいと言いながら本人が冷え性では説得力がない。まあ、セラピストは自分がタイマッサージを受けるわけではないのでそれは仕方がないのだが、タイマッサージの真髄は「する方にもいい効果がある」であり、セラピストが不健康なのはマイナスイメージだし、やはり人を健康にする人が不健康というのはいいことではない。そして、タイマッサージの場合、施術者の手足が冷たいのは結構ディスアドバンテージとなる。

手足が冷たいセラピストの太腿を足でマッサージすると、非常に柔らかいことに気づく。筋肉の絶対量が少ないのだ。なぜ、筋肉の絶対量が少ないか、それはタイマッサージのもうひとつの真髄「施術者が疲れない」工夫にある。タイマッサージの施術の順番は施術者の移動や動作を最小限にするように工夫されている。あっち行ったりこっち行ったりしない。そして体重をかけて圧力をかけるので腕力や握力はほとんど使わない。このためセラピストは一日中座った状態となり極端に運動不足になる。

筋肉量が少ないと健康にとって2つの問題が発生する。ひとつは基礎代謝が落ちるため太りやすい体質になる。もうひとつは、体の熱を生み出す(これが基礎代謝)筋肉が少ないため、体が必要とする熱を作り出せず、熱が手足の末端に行き渡らない。これが冷え性である。

筋肉が少なく、体脂肪率が高くなってしまうと熱が脂肪の厚みに阻まれてますます手足の表面に届かなくなる。太ることが冷え性を助長する。

体脂肪率が上がること、そして冷え性になるのはセラピストの職業病と心得なければならない。それを防ぐには積極的に運動するしかない。ピシット先生は毎朝ジョギングをしているし、ルーシーダットンも怠らない。ワットポーの先生達も毎朝集まってルーシーダットンをしている。人を健康にする前に自分が健康になる、これはとても大事なことだ。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3383)

タイマッサージサロン

カテゴリ : 
タイマッサージのお仕事
執筆 : 
camel 2008-11-2 23:45
タイに行くなら、タイマッサージサロン!

本場のタイマッサージを楽しみに旅立つ人も多いだろう。
しかし、何の準備もなしにいいマッサージに出会う確率は低い。

フットマッサージ、日本ではリフレクソロジーと言われている脚と足のマッサージ。これは比較的当たりはずれが少ない。技術自体が容易なこと、マサージ師の気分に左右されにくいのがその理由だ。

ところが、全身に施すタイマッサージ、これは施術者により大きな差が出る。

まず、ホテルの近くの繁華街にたくさんあるタイマッサージショップ。おばちゃんが入り口で呼び込みをしているあれだ。この類の店は、中の下である。若いお姉さんより年季の入ったおばちゃんの方がうまいに違いない、これは全くの幻想で、おばちゃんは実は最近その店で覚えたばかりだし、年季の入ったおばちゃんは日夜手抜きの技術を磨いてきた。値段は結構安いが、技術も安い。

次にマーブンクロイセンターのようなショッピングモールにある小奇麗なショップ(サロンと言うほどの雰囲気はない)。ガラス越しに施術が見えてオープンな感じだ。こういう店は、若いお姉さんがセラピストをやっていることが多いが、技術は中の上である。やる気のない人に当たったらだめだが、大抵の人は若いだけに一生懸命やってくれる。値段はおばちゃんショップより少し高いが、真面目ゆえに心地よい。技術は完全ではないが、心を込めてやってもらえればそれなりに気持ちがいいものである。便利だし無難な選択肢と言えよう。

旅行者に身近なのがホテルのマッサージサービス。客室まで来てくれるし、ホテル内のサロンもある。料金は大差ないが、客室で受けるべきではない。まず、ベッドでやってもらうと、とにかくすぐに寝てしまう。起きた頃には終わっている。気持ちがいい記憶がないのは勿体無い。そしてベッドは沈み込みすぎるので、指圧、手掌圧がかかりにくい。ホテルのベッドはタイマッサージには適していない。
ホテル内のサロンは快適だ。個室か、カーテンで仕切る半個室で、広々としたスペースでマッサージを受けられる。ホテルのセラピストのレベルは低くないのでレベルは上の下くらいだ。値段はショッピングモールと同じくらいかちょっと高いくらいだ。

少し前にブームになったスパ。高級ホテルに併設されていることが多い。値段はめちゃくちゃ高い。日本で受けるよりも高いくらいだ。こういうところがどのくらいの施術をするのか私は知らない。行ったことがない。

では、上の上のマッサージをするのはどこか。バンコクならワットポー、チャンマイならオールドメディソンホスピタル。そして、街の名もないマッサージ屋にいる当たりのセラピスト(当たる確率は10%くらい。当たったら必ず名前を紙に書いてもらおう。そして次回に予約・指名する。そうすれば安い料金で確実にいいマッサージが受けられる)。その他、ノンタブリの厚生省伝統医療開発局内にある施術所や、プラチンブリ県のアブハイブーベホスピタルの施術所も値段は格安だが抜群の技術がある。ワットポーは別として、凄腕のセラピストの多くは厚生省の長期養成セミナーの出身者だ。

そして日本のマッサージサロン。日本人というのは真面目で、勉強熱心で、そして思いやりに溢れている。日本のサロンは実は本場タイのサロンの平均値より遥かにレベルが高い。

タイに行ったからといって素晴らしいマッサージに簡単に出会えるわけではないのである。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3358)

腰痛の原因

カテゴリ : 
タイマッサージのお仕事
執筆 : 
camel 2008-10-30 10:11
NHKスペシャル「病の起源−腰痛」を見た。

「腰痛は二足歩行を始めた人間の宿命」というのはよく使われるフレーズだが、それは正確ではないのだと言う。

二足歩行そのものが悪いのではなく、田植えをするような腰を曲げた姿勢を長時間とることが腰痛の直接的な原因になるらしい。このシリーズの全体を支配するテーマが「文明やライフスタイルの進化に、体の機能の進化が追いつかないことが病気の原因になる」ということがあるのだが、腰痛も然りということだ。稲作が始まったのは数千年前という最近のことだが、現代人の体はそれ以前に長く続いた狩猟生活に最適化されている。だから、田植えの姿勢を取る事は人体にとって想定外なことで体が壊れてしまう、そういうことだ。

あと、数万年すれば、そういう姿勢に耐えうる体に進化した人類になるのだろうが、それまで待ってはいられない。どうすればいいか。

田植え以外にも、工場のラインでの作業、パソコンでの作業、建設作業等々、腰に負担をかける姿勢を長時間取る人は多い。だから多くの人が腰痛になる。腰痛は椎間板の損傷が原因なので、椎間板の損傷が引き起こす二次的な筋肉の収縮による痛みは(筋肉を弛緩させることで)軽減することができるが、根本原因をマッサージで取り去ることはできない。腰痛の人は生活習慣を変えなければならない。


とにかくそういう姿勢を長時間取らないこと、できるだけ背筋を伸ばし、姿勢の異なる作業を入れたりしながら腰への負担を減らすことが大事だ。そして、NHKスペシャルで言っていたことは歩くことが椎間板の発育にとてもいいということ。太古の昔の人類がやっていたことをやりなさいということだ。

タイマッサージのセラピストも人ごとではない。猫背でタイマッサージを行うと確実に腰痛になる。セラピストは業務で歩くことはないし、ほとんど同じ姿勢で施術を行う。背筋を伸ばして施術を行う、そして意識して歩いたり、体操をしたりすることが体調管理に必要だ。マッサージでよく使う高さのあるベッド、あれも有効だ。高さのあるベッドは膝への負担、そして腰への負担を減らす。オイルマッサージもやりやすいので、自宅開業の人も、長時間施術をするようになったら購入を検討してもいいだろう。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3172)
見学・体験
ブログ-タイマッサージの真実
お問い合わせ
メンバー・ログイン