• カテゴリ タイマッサージの理論 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

ブログ「タイマッサージの真実」 - タイマッサージの理論カテゴリのエントリ

なんとなくテレビを見ていたら驚くようなことを放送していた。

ゆで卵のむき方である。新鮮な卵は白身が薄皮にくっついてしまってむき難いのは誰しも経験したことだと思う。ネットで検索しても、「古くなってからゆでる」「冷水ですぐに冷やす」等ばかりで決定的な方法は見つけられない。

番組ではまず、ゆで卵工場では卵を二週間寝かせてから茹でることを紹介していた。そもそも、なぜ皮と白身がくっつくかと言うと、白身に含まれる炭酸が茹でたときに膨張して白身を皮の繊維に押し付け、繊維が白身にめり込んで癒着するからだそうだ。2週間寝かせると炭酸が抜けるのでくっつかない。

次に紹介していた方法が画期的だった。炭酸が原因なら炭酸が抜けるように茹でればいい。その方法は、

茹でる前に卵の丸い方の底をスプーンで割っておく

すると、茹でている最中にそこから炭酸がぶくぶくと抜けていく。そして、古い卵と同様につるっとむけるのだ。

この方法がすごいのは、通常むき方を考える場合は茹でた後にどうするかという発想になるのだが、そうではなく、「ゆでる前に」対策を施していることだ。誰でも茹でた後のことしか考えないのでこれまでこの方法は誰も思いつかなかった。「茹でる前」という180°発想を転換したときに発明は生まれた。

画期的な科学技術の発明も結局はこういうものである。先入観に囚われて発想の幅が小さくなっている、その範囲の外側に答がある。その答は多くの場合、アクシデント(実験の失敗や偶然)によって発見される。
だから、ゆで卵のむき方を発見した人も、たまたま割れた卵をそのまま茹でたらむけたとか、そんなことだったのかもしれない。たかだか、卵のむき方だが、人類の知恵、発想の転換のいい例といえるだろう。コロンブスの卵part2と言ってもいい。

こんな簡単な方法でゆで卵が簡単にむけるとは・・・。苦労する時間が1分として、どれだけ無駄な時間、無駄なストレスを費やしてきたことか・・・
にんにくの皮のむき方を知ったとき以来の衝撃だった。

このように科学で原因が理解できれば解決策が見つかる。マッサージの分野はまだまだ未解明なことが多いが、科学的な理解が進めばますます効果的な方法が見つかっていくのだと思う
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3095)

辛い物好きは痛みに強い?

カテゴリ : 
タイマッサージの理論
執筆 : 
camel 2010-8-29 13:33
私は一つの仮説を持っている。

「辛いものが好きな人は、強い(痛い)マッサージを好む」

下の写真は、バンコクのピシットタイマッサージスクールでの夕食光景である。ピシット先生がいるときには毎日昼と夜に皆で食べる。
ビルの地下の屋台から惣菜を買ってくるのだが、こういうのがタイ人の通常の食事だ。そしてそれが、辛い・・・
辛いのに、この写真の若い女性もおばあちゃんも先生も、全く辛くないかの如く、涼しい顔をして食べている。タイ人は常に激辛を普通に食べている。

そして、この子達とタイマッサージの練習をすると、「もっと強く!」という言葉が返ってくる。日本人のこの年代の女性にする感覚でやると戸惑うくらい、強い(痛い)マッサージを好む。

以前、このブログで、「タイ人のマッサージセラピストは痛いくらいに強くやる」と書いたことがあったが、タイ人が強いマッサージを好むというのもその一因だ。ではなぜタイ人が強いマッサージを好むのかというと、その理由の一つが「辛さに慣れているから、痛みにも慣れている」からではないかと考えている。

そもそも、辛いという味覚は、痛覚である。舌の痛みが辛さであり、辛いものを食べるとその痛みを和らげるために脳内モルヒネが発生する。辛い=快感となる。だから、辛いものを食べるのがますます好きになる。

痛みについてもそのメカニズムは働くので、痛さに慣れてくると快感を伴うようになる。だから、子供の頃は辛いのも痛いのも何が嬉しいのかさっぱりわからないのが、大人になると嬉しくなる(痛いのが嬉しいというのは語弊があるが・・・)。

どちらも痛覚なので、辛さに慣れている人は、身体の痛みに対しても脳内モルヒネが出やすくなっていて、痛いのを好むのではないか、そういう仮説だ。

実際に、何人かの人に聞いてみたら、すぐに痛がる人はやはり辛いものも苦手、強押し好きは辛いもの好きであった。

まだサンプルが少ないので偶然かもしれないが、タイ人と日本人のタイマッサージの強さの好みの違いを理解する上で、味覚の違いのようなものというのは一つの説明になるのではないかと思っている

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5383)

リーマン予想

カテゴリ : 
タイマッサージの理論
執筆 : 
camel 2009-11-19 16:00
先日、NHKでリーマン予想の現状について放送していた。この前はポアンカレ予想が解けたという番組だったが、今回も面白すぎる。リーマン予想というのは、素数がある規則の下に出現するという命題で、この証明をすることが数学者の一大課題になっているというものだ。
そんなこと、どうでもいい、数学者の趣味の領域の話かと思っていたらそうではなかった。素数についての謎を解き明かすことは、宇宙の究極の物理法則の謎を解き明かすのに等しい、神の領域を理解することだと言う。

一見不規則な素数の並び、1,2,3,5,7,11,13,・・・は長い間、単純に無秩序だと思われていたが、ある式で素数を掛け合わせると円周率3.14・・・に等しくなる、また、原子核のエネルギー遷移の式と、リーマン予想の素数の式が同じになるという。

それが更に、どう宇宙の真理の解明に役立つのかは私の脳のレベルでは全く理解できないが、素数について完全に理解できたならば、現代の物理学や種々の技術、医学等々が革新的な飛躍をすることは間違いないらしい。数学とは役に立たない趣味ではなく、すべての技術や社会生活の基礎になるものなのだ。面白すぎる・・・

私が特に面白いと思ったのは、それが「素数」ということだ。素数というのは存在がユニーク(唯我独尊)である。「ユニーク」というのは、他の存在をベースにしていないということ、例えば、4は2の2倍なので、2から生成されたとも言えるし、元は2だったとも言える。しかし、3や5のような素数は他のどの数から生成されて訳でもなく、その存在は自身がなければ存在しない、自分自身が原初的な存在なのだ(あなた自身が神だというヒンドゥ教の教えを連想させる)。そして、ユニークな素数は無限に存在する。無限に存在するが不規則なわけではない。宇宙の真理の元、究極の調和(円=円周率)の下に存在している。

社会、自然、宇宙そのものではないか。人間やすべての生き物は一人一人ユニークであり、そして完璧な調和のもと、お互いがつながっていて、そして、存在している。タイマッサージのルーツであるヨガやアーユルベーダの世界観、すべての宗教の世界観も突き詰めればそういうことになる。リーマン予想の証明によって解き明かされる宇宙の真理は、過去の聖人達が直感的に(悟りのようなかたちで)理解していたことと同じなのではないか。そんな連想にもつながる。

リーマン予想という数学の話が、タイマッサージに直接的に関係するとも思えないが、思ってもみない形で、そういう伝統医療で信じられてきたことが真実だったことがわかるのも、数学の進展によるものなのかもしれない
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4419)

プロのお客様

カテゴリ : 
タイマッサージの理論
執筆 : 
camel 2008-11-24 12:07
先週、鍼灸のプロの方が1日習得コースを受講された。鍼灸だけでなく、マッサージも仕事で行っている方だ。そういうレベルの方がいらっしゃると緊張する。

タイマッサージの勉強や研究はかなりしてきたつもりだが、今でも日々発見があり、教えながら学んでいるようなものだ。人体の神秘は底知れず、まだまだ一般に知られていないことがたくさんある。

鍼灸という私が持っていない知識を保有されている方なので、「教える」のも大変恐縮なことだが、逆に、私の間違った思い込みを指摘していただくつもりで、いつものようにあれこれ説明しながらレッスンを行った。

資格保有者にも関わらず、とても謙虚で真面目に実技レッスンに参加され、素直な目で、タイマッサージの特徴を見ていただき、「ストレッチしながら手掌圧を加えるような手技」「ゆっくりしたリズム」が新鮮だったと感想をいただいた。

ネットの掲示板では国家資格保有者が他の手技療法を見下したり、否定しているのをよく見るので、そういう感じだったらやりにくいなあと思っていたが、この方は全くそんなことはなく「手技が違うのでとても勉強になる」と種々の手技療法を尊重し、そこからも新しいことを学ぶ気持ちを持っておられたのが印象的だった。

そういうお話を伺いながら私自身も多くのことを学んだ6時間であった。
マッサージにはいろいろな種類があるが、自分がやっていることが一番いいと閉じてしまうのではなく、もっと積極的に交流していいものをお互いに取り入れ、全体としてレベルアップしていけたらいいのではないかと思った。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2948)

セン理論─ 檗.札鵑寮蟻

カテゴリ : 
タイマッサージの理論
執筆 : 
camel 2008-11-21 21:29
セン・イタ等の主要なセンは、タイの伝統医療において特定の症状を治療するための目安として使われるが、タイマッサージスクールで指圧をするときに習う「脚の外側のセン1、セン2」はどうやらそういうセンではない。それはどう考えても一本の筋肉のことである。脚の外側のセン1は大腿直筋、セン2は外側広筋のことではないのか。

トリガーポイントが離れたところに痛みを発生させるのは二つの場所から脳に達する神経が脊髄で束ねられるために情報の区別ができなくなるのが原因ということは前に述べた。そんな知識がない古代の人は二つの場所が直接繋がっていると考えたのだろう。それがエネルギーライン=セン≒経絡である。そして臨床で使われる一本一本の筋肉を指し示すセン。

センの正体は、筋肉と、筋肉を制御し筋肉からの情報を受け取る神経系のことだというのが、現時点での西洋医学からの説明である。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3310)

セン理論А 檗.札鵑箸浪燭

カテゴリ : 
タイマッサージの理論
執筆 : 
camel 2008-11-20 20:50
タイでタイマッサージを習うと、センと言う言葉を頻繁に聞くことになる。

しかし、よく聞いていると、どうやらセンという言葉が二通りに使われていることに気がつく。熱心な生徒はここで混乱する。そしてセンが何かわからなくなる。

まず、センという言葉は実技のレッスンで使用される。指圧をするポイントを説明するときに、「センの上を指圧する。センというのは指で押したときに下にロープ上のものを感じるところ、そのロープの上に乗っかる感じのところを押す。そのロープのようなものがセンである」と教わる。

もう一つのセンは、タイマッサージの理論で使用される。人体には主要なセンが十本有り、そこを風(気)というエネルギーが流れている。その流れの滞りをなくし、自然治癒力を高めるのがベーシックタイマッサージであると教わる。

主要な10本のセンにはセン・イタとか、セン・スマナとか名前がついているが、なぜか実技レッスンでセンを指で触るときには「これがイタだ」というようにセンの名前では教わらない。そうではなく、脚の外側にはセン1、セン2、セン3があるという教わり方をする。

続く
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4169)
サイモンとトラベルによると、トリガーポイントとツボは70%は一致すると言う。ツボに対して、指圧、鍼、灸で(痛み)刺激を与えるのは筋肉の表面、内部にある痛覚神経を刺激することであり、その刺激によって脳と筋肉にバイパスを通すためである。脳は神経を通じて筋肉の痛みを感じ、痛い筋肉を意識する。その瞬間に筋肉を制御する神経系が活性化し筋肉の異常状態が解かれるという仕組みである。つまり、筋肉は弛緩する。

ツボは治療点であるので、トリガーポイント(=老廃物質の滞留)があるとは限らない。それがツボとトリガーポイントが完全に一致しない理由であろう。しかし、痛みを生み出すトリガーポイントの刺激は脳に強い信号を送る。それは圧痛点として鍼灸治療者に知られてきた。いわゆる、「あ、そこそこ、そこを押されると痛き気持ちいい〜」というポイントである。圧痛点(=トリガーポイント=ツボ)を治療(指圧、鍼灸)することは非常に効果的なので治療者は触診をしながら「ここを押すとどんな感じですか?」とか聞きながら圧痛点を探す。

トリガーポイントやツボを指圧すると、他の場所に「響く」ことがある。離れた場所が押されたような感覚、または離れた場所に軽い痛みのような感覚が走ることがある。この原因は、前に述べたように、二つの箇所の神経が脊髄で束ねられていて情報が混信して脳に届くからである。古代の人は神経系についての知識がなかったので、単純に二つの箇所が何かで繋がっていると考えた。それがセンであり、二つの箇所はセンで繋がっていると考えた。

続く
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4028)
トリガーポイントの除去には色々な方法がある。

トリガーポイント理論の提唱者であるサイモンとトラベルは、指圧や鍼による治療にネガティブであった。彼らが推奨する治療法は、注射器で薬剤(あるいは生理食塩水)をトリガーポイントに注入するというものだ。トリガーポイントを溶かしてリンパに吸収させてしまうという発想である。

しかし、後の研究者は鍼や指圧でもトリガーポイントは除去できると主張している。それらの治療法に共通するのは痛みを与えるということだ。突き刺す刺激、熱、圧力等々により、痛みを生み出してそれを脳に伝える。

痛みが脳に伝わると何が起こるか。ここからが正確にはよくわからない。まず、脳は痛みを和らげようと鎮痛物質を脳内に発生させる。この脳内モルヒネによる鎮痛効果こそが鍼治療の本質だと主張する研究者もいる。だから、鍼治療は一時的に痛みを和らげるがトリガーポイント自体を除去しているわけではないので痛みは再発するのだと言う。

そうではなく、痛みに対する脳からのフィードバックにより、筋肉を制御する神経と脳の情報通信が正常化して筋肉の緊張状態が解かれて筋肉が弛緩し、それと共にトリガーポイントがリンパに吸収されて消失するのだという説もある。筋肉が弛緩するからトリガーポイントが消失するのか、トリガーポイントが消失したから筋肉が弛緩するのか、順番はよくわからない。恐らくこれらは循環の関係にあり消失が弛緩を生み、弛緩が消失を促すという好循環が生まれるものと考えられる。

指圧、手掌圧は物理的にトリガーポイントを消失させる。押すことで適度な痛みを与えるだけでなく、押しつぶす力で無理やりリンパに吸収させるのである。しかも、鍼灸や注射のように皮膚を傷つけない。「もっとも安全で効果的な療法が指圧・マッサージである」というのが手技療法セラピストの誇りだ。

トリガーポイントの発生、そしてそれが何を引き起こすか、治療によりトリガーポイントが除去される(そもそも本当に除去されているのか?)メカニズムはどうなっているかは上記のような仮説は色々あるが未だ決定的なものはない。確定していることは、

1)トリガーポイントは存在する
2)トリガーポイントが別の場所に痛みがあると錯覚させる
3)注射や鍼灸、指圧マッサージにより痛みは軽減される

メカニズムは何にせよ、鍼灸マッサージのような東洋医術により体の状態がよくなることは確かのようだ。

続く
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5608)
サイモンとトラベルによるトリガーポイント理論が一般常識と逆というのはどういうことか?

一般常識では、痛い部分が悪い状態になっていると考える。そしてそこから離れた場所にあるツボを治療(鍼、灸、指圧等)するとなぜか(理由はわからないが)悪い部分が良くなる。その理由は、五行陰陽理論や気、反射区(リフレクソロジー)など神秘的な思想により説明されてきた。タイマッサージではそれがセン理論である。

トリガーポイント理論によると、痛い部分は悪い状態ではない。痛い部分は健康なのだが、痛みだけが認知される。悪い状態なのはツボ(≒トリガーポイント)である。トリガーポイントの存在が離れた健康な場所に痛みがあると錯覚させる。だから、トリガーポイントを除去すれば痛みも消失する。

発想が逆転しているのが画期的だった。「痛い部分は健康」という発想は普通は出ない。だから古来の人は神秘的な説明をせざるを得なかった。

ではトリガーポイントとは何か。トリガーポイントとは筋肉内に滞留している老廃物質である。トリガーポイントができる理由は色々ある。同じ姿勢を続けたり、運動不足によりできる。米粒程度の大きさらしい。

トリガーポイントは痛みの原因になる。痛みは神経を通じて脳に伝わり、痛みとして知覚させる。ところが、体の別の場所の神経も同じように脳に繋がっている。神経は脊髄で束ねられて脳に到達するのだが、困ったことにそこで情報の混信が起きる。身体の中の情報通信はデジタル通信のように精度が高くない。脳は痛いという信号が体の別の場所から来ていると間違えてしまう。

続く
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4569)

セン理論 − ツボ

カテゴリ : 
タイマッサージの理論
執筆 : 
camel 2008-11-9 15:57
いわゆるツボ。鍼灸の世界でお馴染みの治療ポイントである。

ご存知の方も多いと思うが、今年6月に世界保健機関(WHO)が「鍼灸の穴位(ツボ)の国際標準書」というものを発行した。人体361か所のツボの世界標準ができたわけだ。

なぜ今になってそんなものが発表されたかというと、これまで、日本、中国、韓国の鍼治療で用いられるツボの位置がツボによっては各国で数センチの違いがあったからである。このためツボに関する医学的な研究や実験が行われていても議論がかみ合わなかったりデータの相互利用ができないという問題があった。今後の鍼灸マッサージ指圧の発展のために今のうちに場所を統一しておこうというわけである。

逆に言えば、今まで間違った位置に鍼を打っていたということか?

そうでもないようだ。鍼灸というのは数センチ打つ場所がずれても同じ効果が得られることが多いらしい。あんな細い鍼なのだから1mmの誤差も許されないのではと思いがちだが、ツボは5〜10mmくらいの領域であるし、その周囲にも番号が振られていない無名のツボは存在する。意外にアバウトな世界なのだ。

だから今回の統一でも、どこの国のツボが間違っているというような議論にはならなかった。数千年間口頭で伝えられてきたようなものである。年代や地方によって位置がずれるのは自然なことだし、ずれたポイントでも治療効果があるのだから間違っているわけではない。

ところで、そもそもツボとは何なのか?

一般に、ツボは特定の症状を和らげるリモコンのスイッチのようなものと認知されている。「リモコン」というのがポイントで、痛いところから離れたところにツボがあり、ツボを治療すると不思議なことに離れた場所が楽になる、そんなイメージだ。肩こり、腰痛、胃腸の不調(胃腸を動かすのも胃腸の筋肉である)、そういうときに鍼を打つツボが決まっているというものだ。

この考え方は現象としては正しいが、理論的には全く逆だという仮説が1983年に発表された。これがサイモンとトラベルによるトリガーポイント理論である。サイモンとトラベルは「ツボとトリガーポイントは70%は一致するが、その他は一致しない。そもそも、ツボとトリガーポイントは異なるものである」と言っているのだが、70%が一致しているという方が注目され、今日、多くの鍼灸治療者に治療の根拠として支持されている。

次回は、ツボの考え方を逆転させたトリガーポイント理論について説明したいと思う。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3522)
見学・体験
ブログ-タイマッサージの真実
お問い合わせ
メンバー・ログイン